2008年04月25日

P・スミスとK・シールズ、共演アルバムを発売

bounceより
 パティ・スミスが2005年6月22日と2006年11月12日にロンドンで行ったスポークン・ワードのパフォーマンス〈The Coral Sea〉が、2枚組のライヴ・アルバムとして海外で7月11日にリリースされることが明らかになった。このライヴには、ギタリストとしてマイ・ブラッディ・ヴァレンタインケヴィン・シールズも参加している。
 これはロバート・メイプルソープ追悼のために96年に出版した詩集、『The Coral Sea』のリーディング・パフォーマンスだったはず。
 パティは元々ポエトリー・リーディングのパフォーマンスからスタートしており、レニー・ケイが弾くギターなどをその伴奏に使っているうちにバンドに発展、1975年にレコード・デビューしたという経緯があります。従ってこの形態はパティにとっては原点と言っても良いもの。詩がダイレクトに理解できないと、難解な印象も否めませんが、ケヴィン・シールズとのコラボレーションがどういう化学反応を起こしたのか興味深いところですし、一聴の価値はあるはずです。



banner_04.gif
↑1日1クリックお願いします
タグ:Patti Smith
posted by rough kids at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94680236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。