2008年05月08日

ギャング・オブ・フォーからオリジナル・メンバーの2人が脱退

CDJournalより
 2005年よりオリジナル・メンバーの4人が再集結し活動を行なっていたギャング・オブ・フォーですが、先日にデイヴ・アレン(b)とヒューゴー・バーナム(ds)の脱退を発表。バンドは残ったアンディー・ギル(g)とジョン・キング(vo)の2人によって、引き続き、新曲の制作を行なっていく予定です。

 これは残念。2005年にフジロックで来日した時にライヴを見ましたが、現役感バリバリのパフォーマンスには度肝を抜かれました。個人的にはあの年のフジでのベスト・アクトでした。
 デイヴ・アレンとヒューゴー・バーナムは決して上手いリズム隊ではなかったものの、攻撃的なギャング・オブ・フォーのサウンドには適していたと思います。これでオリジナル・メンバーによる完全新録のオリジナル・アルバムは期待できなくなってしまったわけですね。名作『Entertainment!』に匹敵する新作はもう作られないのでしょうか。




banner_04.gif
↑更新のモチベーション維持のため、人気ブログランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
タグ:Gang of Four
posted by rough kids at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96056079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。